ワセリンを使った簡単シンプルスキンケアで保湿力アップ!

乾燥肌でいつも保湿ケアの方法に悩んでいるという女性は多いもの。

高くても人気があってもイマイチこれだっと思えるスキンケア用品に巡り会えないと、悩みは払拭できないですよね。

そこでおすすめしたいのが、ワセリンを利用した保湿方法です。

ワセリンってあのワセリン?そんなもの顔につけて大丈夫なの?とご心配なかれ、それどころか劇的に肌の調子が向上したという女性が多く、効果的な乾燥対策ができるアイテムなんですよ。

使いかたもいたってシンプル、今日からあなたもワセリンケアを始めてみませんか?

そもそもどんな利点があるの?

保湿に最適といっても、ワセリン自体に美容効果があるわけではないんです。

ワセリンの役割は、簡単に言えば肌のコーティング、表面を薄い油膜で覆うことによって水分の蒸発を防ぐことになります。

よくスキンケア用品で成分が肌に浸透して組織に働きかける、なんて宣伝されていますけど、ワセリンは成分の粒が大きいので中に入り込んだりしません。

あくまでも肌表面を保護することに特化しているんです。

ですから、せっかく保湿性の高いと謳われているスキンケア用品を使っているのにすぐに乾燥をしてしまう、保湿性が足りないと感じた場合には、ケアの後にワセリンを薄く一塗りしてみましょう。

水分の蒸発をガードしてくれて、しっかり効果が実感できるようになりますよ。

使いかたは簡単、米粒大を手に取って薄く肌に伸ばしてくださいね。

ワセリンのみのケアで肌断食ができる

肌断食ってご存知ですか?スキンケア用品の成分に依存しすぎず、肌が本来持っている保湿力を蘇らせるため、あえてケアを行わないというものです。

洗顔後は化粧水後にワセリンを塗るだけ、もしくは化粧水も省略してワセリンのみというシンプルなスキンケアなのですが、実は肌トラブルを解消するためにも有効な方法になります。

余計なものは何も塗っていない、肌に浸透させていない状態になるので、肌をリセットできるんです。

ワセリンの油分でしっかりと覆ってくれているから、何もしなくてもカサカサとは無縁。

これで吹き出ものが改善したりくすみがなくなったと感じるかたがたくさんいます。

ワセリンは純度の高いものを選ぼう

ワセリンが有用なのはわかった。

でもワセリンって肌焼けしてしまうんでしょ?そんな不安があるかたもいますよね。

実はこれが言われていたのは一昔前。

精製度が低い、不純物が多いワセリンを顔に利用してしまった人がしてしまった失敗なんです。

今はちゃんと化粧用、顔用に安心して使える精製度が高い、不純物を極力取り除いて油やけをせずに済むものが売られています。

ちょっとお高くなってしまうんですけれども、スキンケアに利用するならちゃんと白色ワセリンを選んでくださいね。

皮膚科でも処方してもらえる、医薬品分類のものならより安心です。

サイトマップ